生活リズムを整えて不眠症からさよなら|ぐっすり〜ぷ
このエントリーをはてなブックマークに追加

Internal medicine

改善をするには

現在の取り組みやトレンド

不眠症には、寝るまでに時間がかかったり、なかなか眠りにつけないという場合には、入眠障害の可能性があります。また、眠りにはつけるが、目が覚めてしまうなどの場合には、途中覚醒の可能性があります。ゆっくりと眠れない時は熟睡障害であり、早く目が覚める場合には、早朝覚醒の可能性があります。 このように、不眠症には種類があります。改善をするためには、自分がこのうちのどれなのかを知り、それに合わせた方法で改善していかなければなりません。 不眠症の人の多くは、交感神経が活発に働いていて、副交感神経が落ち着いています。そのため、改善するためにはこの逆で、副交感神経を活発にして交感神経をおちつかさなければなりません。

それを扱うどんな人たちがいるか

不眠症について携わっている人たちには、いろいろな専門的な仕事をしている医療従事者の人たちや、不眠症に関する会社の人たちがいます。 医療従事者の人たちでは、不眠症を改善するために診察を行っている、心療内科の医師や、精神科医などの医師や心理関係のカウンセラーなどの人たちがいます。不眠の原因が体にあるのか、精神的なものなのかを診断します。 また、精神的なことの場合には、心療内科の医師や心理カウンセラーなどが診察をします。体に原因がある場合には、それぞれの分野の医師に診てもらいます。 また、不眠症のための薬を作っている薬剤師の人や、食事などを管理している管理栄養士や栄養士などの人たちも携わることがあります。